東北放射線科学センター

理事長挨拶

 東北放射線科学センターは、昭和56年に発足し、放射線に関する知識の普及などを目指し、科学技術の進展や国民生活の福祉向上に役立つことを基本理念として放射線科学教育や技術者の育成等を実施してきました。

 放射線は微量ながら広く自然界に存在し、我々はその放射線を受けながら生活しています。 また、放射線は、放射線診断、Ⅹ線コンピュータ断層撮影などの医療面の利用や、非破壊検査、厚さ計、雪量計、煙感知器、タイヤの強度増強など工業面の利用、および、バイオ技術と組み合わせて稲の品種改良をはじめ、黒斑病に強い梨や菊の花の色の改良など農業面など様々な分野で幅広く利用され、豊かな国民生活の維持に大きく貢献しています。

 しかしながら、平成23年3月11日に発生した東日本大震災による福島第一原子力発電所事故により、環境中に放射性物質が放出されている状況も重なり、一般の人々には放射線の持つ潜在的なリスクのみ強調され、有用性等については十分に理解されているとはいいがたいと思われます。 このような中において、放射線の種類や性質、放射線の人体に与える影響、正しい放射線の取り扱い方、放射線・原子力利用の実状など、放射線・原子力に対する正しい知識の普及・啓発や教育研修活動などが重要と考えられます。

 当センターは、放射線に関する調査研究、教育研修活動、普及啓発活動、支援活動などを踏まえて、福祉向上に努めていきます。

東北放射線科学センター
理事長 宍 戸 文 男